来店不要の主婦キャッシング

専業主婦も使える主婦キャッシング

専業主婦にもお金の悩みはありますよね。家計を管理していく上で気づく生活費のピンチや、怪我や病気をしがちな子供にかかる入院・通院費、育児をしていく上で必要な費用など専業主婦は何かとお金の問題に悩まされる事が多いです。親や知人などの身近な人がお金のピンチ時にこころよくお金を貸してくれると助かりますが、良い年になって親からお金を借りるのも気が引けますし、もしお金を返せなかった場合には信用を失ってしまう可能性だってあります。

そんな時に役立ってくれるのが主婦でも使える主婦キャッシングですが、キャッシングは基本的に本人に収入が無ければ利用する事はできないので、本人に収入が無い専業主婦は利用する事が難しいのです。ただし、これは消費者金融や信販会社などの貸金業者を利用する場合の話であり、貸金業者に指定されていない銀行カードローンなら専業主婦でも利用する事ができるのですが、これには総量規制が関係しています。

貸金業者からお金を借りる場合には「総量規制」という法律が適用されます。総量規制とは、貸付業者が個人に貸付して良い額は「年収3分の1まで」と制限をかけている法律の事です。年収が0円の専業主婦は必然的に貸金業者から借りれる額は0円になりますから、基本的には利用する事ができません。銀行は貸金業者にあたらないので総量規制は適用されず、年収のない専業主婦でもキャッシングに申し込めるのです。

専業主婦でも来店不要で借りれる

銀カードローンも消費者金融のキャッシングと同様のサービスを提供しています。カードローンで借りたお金は基本的に利用用途が自由ですし、インターネット上で申し込みをして契約をする事も可能なので、専業主婦でも来店不要でお金を借りることが出来るのです。

例えば、新生銀行のカードローンレイクはインターネット上で申し込み・契約・借入・返済の全てを行う事ができ、審査結果の解答時間の最短30分で即日融資にも対応しています。大手消費者金融のキャッシングと何ら変わりのない内容となっているので、専業主婦でも問題なく来店不要でお金を借りる事ができるのです。

新生銀行カードローンレイクはインターネット上で完結できるだけでなく、初回利用者を対象に「全額30日間無利息」か「借入額の内5万円分だけ180日間無利息」かのどちらかの無利息サービスを提供しているので、消費者金融のキャッシングよりもお得に借りれる特徴もあります。新生銀行以外にも、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクも来店不要で利用できる低金利のカードローンを提供しているので、専業主婦の方は自分にあった銀行カードローンを選択してみると良いでしょう。

専業主婦が主婦キャッシングに申し込む際の注意点

専業主婦が来店不要の主婦キャッシングに申し込む際のいくつかの注意点があります。まず一つめは、配偶者に安定した収入が無ければ申し込む事ができないという点です。簡単にいえば、夫がきちんとした職について毎月きちんとお給料を貰っていれば専業主婦でも申し込むことができる訳です。もし夫が日雇いなどで収入が安定していない場合は審査で落とされる可能性もあるようです。

二つ目の注意点は、銀行によっては専業主婦向けの限度額を設定している場合があるという点です。例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンは30万円、楽天銀行スーパーローンは50万円までと専業主婦向けの限度額が設定されています。専業主婦向けの限度額が設定されていると、希望する額を借りる事が出来ない可能性もあるので、希望している額が融資限度額内に収まっているかどうかを申し込み前に確認する必要があります。

三つ目は、来店せずに契約をした場合はカードが自宅に郵送されるので、夫に内緒で借りようと考えられている方は不便に感じるでしょう。カードを夫が受け取ってしまったら一発でバレてしまいます。もし夫や家族に内緒でお金を借りたいのであれば、自動契約機を使ってカードを直接受け取る方法をオススメします。自動契約機は、「新生銀行レイク」「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」の3つが設置してあるので、カードの郵送を避けたい専業主婦の方はこの3つのどれかの銀行カードローンに申し込む事をオススメします。