来店不要の主婦キャッシング

主婦層をターゲットにしたヤミ金業者の見分け方

ヤミ金業者とは、どこからも借りれなくなった人をターゲットにして法外な利息でお金を貸し付ける悪質な金融業者を指します。最近では生活費に困っているシングルマザーや、消費者金融から借りれない専業主婦をターゲットにしているヤミ金業者も増えてきているので、初めて金融業者からお金を借りる主婦の方は十分に注意する必要があります。

ヤミ金業者の利益は暴力団などの資金源にもなっているので、絶対に利用してはいけません。しかし、最近のヤミ金業者は普通のスーツ姿の営業マンを装って親身になってお金の相談をするフリをしているので、見分ける事が難しくなってきているのです。ですので、金融業者を利用する前にヤミ金業者かどうかを見分けるスキルを身につけておくと安心してお金を借りる事ができるでしょう。

この記事では、主婦をターゲットにした闇金業者の見分け方についてまとめているので、参考にしてみて下さい。

専業主婦向けのヤミ金業者の見分け方

貸金業法の改定によって専業主婦が消費者金融からお金を借りる際には、夫の同意書・収入証明書や婚姻証明書の提出が求められるようになったので、専業主婦は気軽にお金を借りれなくなってしまいました。ヤミ金業者はそこに目を付けて、専業主婦をターゲットにしてお金を貸し付けようとしています。

夫の同意書や収入証明書などの法律上提出しなければならない書類を求めてこない金融業者はヤミ金業者である可能性が非常に高いです。「夫に内緒で借りれますよ」と甘い言葉で勧誘してくるので、書類を一切求めず貸付してくる金融業者は怪しいので利用しないようにしましょう。

ただ、銀行から借りる場合は専業主婦でも身分証明書のみで借りれます。銀行は一番安全な借入先ですので、キャッシングを利用したい専業主婦の方は銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

多重債務・債務超過者に貸付する業者は危険

消費者金融や信販会社などの貸金業者から借りる場合は、総量規制によって年収の3分の1を超える金額を借りる事はできません。すでに他社借入によって年収の3分の1を超える金額を借りている人に向けて貸付を行って良いのは総量規制対象外にあたる銀行だけです。銀行以外の金融業者が貸付しようとしてくる場合は、その金融業者がヤミ金である可能性が非常に高いので注意しましょう。

また、他社借入件数が4社~5社以上ある多重債務者に貸付を行ってくる業者もヤミ金業者である可能性が高いです。「多重債務があっても貸します」といった言葉で勧誘してくるので、甘い言葉に乗せられないようにしなければなりません。

貸金業者として国に申請しているかチェックする方法

正規の金融業者は貸金業者として継続的に国に申請を行っています。申請が行われているかどうかを確認する方法は、「登録貸金業者情報検索結果」というWEBページを開いて業者名を検索するだけで分かります。

「アコム」で検索をかけてみると、「関東財務局長(11)第00022号」と表示されます。表示されれば貸金業者として申請されている事になるので安心して下さい。ただ、ヤミ金業者にも国に申請をしているところもあります。

その見分け方としては、()内にある数字が若いほど申請して間もない業者という事になるので、ヤミ金である可能性が高いです。貸金業者登録は3年毎に更新が必要になるので、悪質な業者は更新する事が出来ず、()内の数が若いのです。基本的には数字が1~2の場合は危険である可能性があるので、できるだけ更新を続けれている()内の数字が高い金融業者を選択する様にしましょう。

ヤミ金業者を見分ける一つの方法として、貸金業者として国に登録されているかどうかをチェックしてみると確実に判断することができます。